タイトル 赫い月
著者 山上安見子 インタビュー
カテゴリー 小説
仕様 四六判・242 ページ・上製本
ISBN 978-4-903970-91-2 C0093

発行 15.05.20
定価 1,600円(本体)+税
電子書籍 定価 400円(本体)+税
あらすじ 第二のステージにたつ、若くない女。
生きる意味を問いかけ、自らの旅は始まった。

「薫子は描き続けた。
ずっと薫子の頭のどこかで低く響いていた声がはっきりと聞こえてきた。
『私は絵を描きたい。絵を描くために生まれて来た。私は表現者なのだ』
(「赫い月」第八章より)
絵・楢村幸男

関連書籍