米村貴裕(よねむら たかひろ)
1974年横浜生まれ。近畿大学大学院卒。
2001年在学中にイナズマを起業。
2003年、博士(工学)号取得。
2006年、「パソコンでつくるペーパークラフトA」が文化庁メディア芸術祭「審査委員会推薦作品」に認定。
現在、有限会社イナズマ取締役・大学非常勤講師兼務。
ペーパークラフトやIT関連事業をこなしつつ、執筆活動を行う。
【主な著書】「ビースト・コード」(リトル・ガリヴァー社)
「脳を鍛える!ペーパークラフト/C++ はじめの一歩」(メディア・テック出版)
「やさしいC++ Part2/やさしいIT講座/パソコンでつくるペーパークラフト2」ほか3冊。(以上、工学社)
「Windows XPの前で“かたまった”ときに開く本」「手取り・足取りメール・ホームページ超マスター講座」「一夜づけのWord 2002」ほか17冊。(以上、明日香出版社)
「ユウタとりゅうとケナフのタネ」(ユニ出版社)

ブログ http://blog.livedoor.jp/arumenoy7/

   



最初に初のライトノベルへの挑戦はどうでしたか。気負いはありませんでしたか。
わたしは挑戦するもの、すべて全力投球なのです。ですから、気負いの塊で不眠、過眠などなど言葉にできない症状が現れました。本が店頭に並んだときは、息がつまり気が遠くなりました。ある意味、すてきな体験でした。もう少し堂々とした姿であるべきでしょうか?

「ビースト・コード」は人間が怪獣に変身するという設定。いわゆる「SF」的なものを好まれるんでしょうか。
SFと適度にファンタジーが混じったものが好きです。それでも杖を振るえば、なんでもできてしまう100%ファンタジーではなく、どこかにS(サイエンス)を入れて、現実味を出せればと思っています。出身がガチガチの理系なので、それを活かせれば…。正直、マニア。最近、可動するドラゴンのフィギュアに、2万円近く投資したばかりです。

ライトノベルにとって「萌え」というイメージ設定は大事と聞いたことがあります。
「ビースト・コード」の萌えという点は。
萌えは最大の課題です。わたしは世間一般の萌えとたぶんズレております。「ビースト・コード」はそのまま、ビースト萌え、つまりは異性を超えた異「種族」萌えという、やや変わった点があります。ですがビースト萌えした、とのおたよりもいただき、こんな萌えもありかな、と考えています。
「変わった」なんて言ったら失礼ですね。

ライトノベルと、一般の小説とはどこ違うとお思いですか?そして読者層も違うとなるはずですが。
これは、わからなくなってきました。中学生の方と四〇代の方からメールをいただいたのです。驚き! もはやライトだ一般だ、という壁はないのかもしれません。とにかく読み物としておもしろいものが求められているのかと…。
ライトノベルは挿絵とルビが多く、とてもよみやすい文体やわかりやすい比喩が特徴ですが…。

次作「ダイヤモンド・ビースト」も、ビースト路線となります。これの「萌え」といえば、どうなりますか。作者として創意工夫した点などありますか?
やはりビースト萌えです。それはもうかなりの…。内容は、文章表現の丁寧さとラストのSFかつファンタジー的な展開に、心血をそそぎました。逆に気負いすぎてずっこけていないか心配です。でも、実写化したら数百億円かかるはずの内容を心がけました。「読書」ならではの、楽しみ方をしていただけましたら、うれしいです。でもハリウッド大歓迎。

PC書では数多くの書籍を手がけてこられ、今回、ノベルズへの転換というのか、触手をのばしてこられた。ここには作者の思いとか、覚悟のようなものは。
わたしは元々、ノベルズ志願です。PC書の出版社さんにノベルズを持ち込んだこともあります。ですのでPC書にも、ノベルズ的なストーリー展開が必ず混じっています。混ぜます。これは意地ですね。起承転結のあるPC書。
ずっとご縁がなかったのですが、このようにめぐり合えまして、もう屍になってでも食い下がっていく決意でいっぱいです。

最後に、今後、米村さんの活躍の場としてノベルズはどういう世界になるのでしょうか。
世間さまの意表をつける創作表現の場となれば、最高です。いや、そうなれるよう、いつでも全力投球スピリットで突き進んでいきます。個人的にはビーストの世界を認知していただければ、と。