同じ文学の志をもつ同士たちの集まりで、全員が一般に流通している著書を持つ創作集団です。
定期的に行われる定例会で作品を発表し、評価し合う事により、互いの作品を高め合う事を目的としています。
現在会員を募集しています。


参加希望の方は、
1、短編を提出。
2、会員が作品評を寄せる。
全員から参加資格有りと判断されると参加できます。


二ヶ月に一回
短編を提出。
互いに作品評を寄せる。


発表された評価が高い作品を、リトル・ガリヴァー社が電子版書籍として発行します。
また、作品が集まると短編集「翰林の会選集」として刊行します。


会長 高橋てつじろう 小説「蜻蛉」ほか、著作多数
山上安見子 小説「赫い月」「ベル・オンム」「パンティーの干してある家」ほか
山蔭ヒラク 小説「シモジイ」
宇田川森和 小説「ビィーナスの涙」「天神橋六丁目界隈」「炎の十字架」「小説通天閣」ほか
松本のぼる「死者のパートナー」
特別会員 支刈誠也 小説「黄色い花の咲く丘」「ヤマシタコード」「品格のススメ」他、在オーストラリア。


事務局
リトル・ガリヴァー社内「翰林の会」
gmm@l-gulliver.sakura.ne.jp



リトル・ガリヴァー社HP